risk-reduction-hero

導入直後から
OTのセキュリティ
リスクを低減

導入直後から産業ネットワークを継続的に監視し、早期にリストを作成し、徹底的なリスク評価を常時実行して、より有効なセグメント化の計画を立てることで継続的にリスクを減らします。

継続的な監視でリスクを
低減

従来のOTセキュリティプロジェクトでは、環境の初期評価に始まり、アーキテクチャの設計を経て既存のセキュリティ運用に合わせた監視、検出、対応機能の導入という流れがあります。
このアプローチはネットワークを内部/外部の脅威やマルウェア感染などのリスクに長時間さらし続けるという問題を抱えています。セキュリティソリューションの検討から導入に至るプロセスは数か月に及ぶこともあり、ネットワークが適切に可視化されなければネットワークのセグメント化への道のりはさらに困難になります。
ネットワーク監視ソリューションを早期に導入することで、ネットワークのリスクが大幅に減り、OTセキュリティプロセスの評価、設計、導入が簡単になります。

セキュリティプロセスの早い段階からネットワークを監視

Japanese Diagram site
継続的な
産業ネットワーク監視は
なぜ必要か?
継続的な可視性と
インベントリ管理
資産リストの作成と管理を自動化して、産業ネットワークとその変更の表示を最新に保ちます。
高度な設計と導入
運用ネットワークから得た洞察に基づいてプロセスを改善 - すべてのニーズを確実に捉え、実行時のエラーを減らします。
セキュリティリスクの
エクスポージャーを低減
不審な動作、マルウェア感染、潜在的な攻撃ベクトルを検出 - 導入直後からセキュリティレベルを上げ、早期に対策を行います。
ネットワーク可用性の
向上
設定ミス、異常なネットワーク動作、ネットワーク障害を検出 - 生産のダウンタイムを低減します。
セキュリティポリシーの強制
社内からの新しい接続やアクティビティを監視してセキュリティポリシーを強制し、問題意識やレジリエンスを高めます
BG_learning-more-v2

リスクの低減についてさらに詳しく

デモをリクエスト